【11/18】図書館講座「このよろこびをあのこにー子どもに絵本を手渡すということー」

掲載日
2022年9月22日

令和4年度 図書館講座「このよろこびをあのこにー子どもに絵本を手渡すということー」

絵本は親子で共有できる楽しい時間をつくります。絵本の読み聞かせや子どもの読書について一緒に学びませんか?

<講師コメント>
絵本ってなあに?絵本を読むと、どんないいことがあるの?どんな絵本を選んだらいい?読み聞かせって、どうすればいい?…などなど。長年、翻訳家として、また、家庭文庫を営んできた経験から、子どもの本の深さ・楽しさをお伝えします。

講師
小宮 由(こみや ゆう)氏(児童文学翻訳家・家庭文庫主宰)
翻訳家。東京生まれ。2004年より、東京・阿佐ヶ谷で家庭文庫「このあの文庫」を主宰。実家は児童書専門店「竹とんぼ」祖父は、トルストイ文学の翻訳家・良心的兵役拒否者、故 北御門二郎。主な訳書に『しょうぼうしのくまさん』(福音館書店)『せかいいちおいしいスープ』『さかさ町』(岩波書店)『イワンの馬鹿』(アノニマ・スタジオ)『こころのほんばこ』シリーズ(大日本図書)など多数。
日時
令和4年11月18日(金) 午前10時~11時40分
会場
三島市民生涯学習センター 3階 講義室
※駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関をご利用ください。
対象
幼児、児童の保護者・子どもの読書に関心のある方
定員
会場参加 150人(受講無料・事前申込制・応募者多数の場合は抽選)
申込み
令和4年11月4日(金)まで
申込書に記入して直接図書館本館へ、電話(055-983-0880)・電子申請でも申し込めます。
定員を超えた場合は抽選になります。結果は、ハガキで全員にお知らせします。
当選された方は、ハガキが入場証になりますので保管をお願いします。

※参加される場合は、マスクの着用、検温、手指の消毒等、新型コロナウイルス感染症対策にご協力ください。
※やむを得ない事情により、急な予定変更・延期・中止する場合はご容赦ください。
※この講演会は報道機関に取材を依頼するので、写真や映像がテレビや新聞に映る場合があります。