【5月8日開催】三島市制75周年記念 篠田三郎朗読会~「桜散る日に」出版記念~(終了しました)

掲載日
2016年5月5日

絵本『おさびし山のさくらの木』原作者であり脚本家の宮内婦貴子さんは生前、市教育委員を務め、三島の子どもたちのためにご尽力されました。

このたびシナリオ集「桜散る日に」が娘さんにより出版されたのを記念して、俳優の篠田三郎さんによる朗読会を開催します。

*第1部と第2部の内容は同じです。

*会場と定員が変更になりました。

第1部 「宮内婦貴子の思い出」上映会と篠田三郎 朗読会

日時
5月8日(日) 午前11時~正午
場所
三島市民生涯学習センター3階 講義室
定員
150名(入場無料・申し込み不要・先着順)

第2部 「宮内婦貴子の思い出」上映会と篠田三郎 朗読会

日時
5月8日(日) 午後1時30分~2時30分
場所
三島市民生涯学習センター3階 講義室
定員
150名(入場無料・申し込み不要・先着順)

*駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関をご利用ください。

*小学生以上の朗読を聴ける方が対象となります。

*この講演会は報道機関に取材を依頼するので、写真や映像がテレビや新聞に映る場合があります。