【終了しました】子どもと本の講演会

掲載日
2019年11月3日

概要

絵本は親子で共有できる楽しい時間をつくります。

絵本の持つ力、素晴らしさ、楽しみ方を学びませんか?

演題
「子どもの目で絵本を楽しむ」
講師
山口 雅子 さん
講師紹介
学生時代に、松岡享子主宰の家庭文庫で子どもの本にかかわる。財団法人東京子ども図書館(現在は公益財団法人)設立と同時に、職員として児童図書館活動に参加。
退職後も子どもと本の橋渡し役として、絵本や語り(”お話”)の講座で講師を務める。著書に『絵本の記憶、子どもの気持ち』福音館書店刊、訳書に絵本『こぶたのバーナビー』(U・ハウリハン作 中川宗弥絵 福音館書店刊/「こどものとも年中向き」第168号 2000年3月号)がある。
日時
令和元年11月12日(火) 午前10時~11時30分
会場
三島市民生涯学習センター 3階 講義室
※駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関をご利用ください。
対象
幼児、児童の保護者 子どもの読書に関心のある方
定員
150人(入場無料・申し込み不要・先着順)
※託児はありませんが、お子様連れでも入場できます。
受講料
無料
※この講演会は報道機関に取材を依頼するので、写真や映像がテレビや新聞に映る場合があります。