【10月26日開催】子どもと本の講演会(終了しました)

掲載日
2016年10月23日

概要

絵本は親子で共有できる楽しい時間をつくります。
読み聞かせやおはなし会についての著作があり、全国各地で講演されている講師から、育児の大きな助けとなる絵本の持つ力、素晴らしさ、読み方の秘訣や楽しみ方を学びませんか。

演題
「子どもと本をつなぐ」
講師
広瀬 恒子 氏(親子読書地域文庫全国連絡会代表)
講師紹介
日本子どもの本研究会、学校図書館を考える全国連絡会世話人。
「子どもの本・九条の会」を松谷みよ子、古田足日氏らと結成した代表団の一人。
『本・子ども・人をむすぶ』『だから、子どもの本は面白い』『読書ボランティア活動ガイド-どうする?スキルアップ どうなる?これからのボランティア-』等、著作多数。
日時
平成28年10月26日(水) 午前10時~11時30分
会場
三島市民生涯学習センター 3階講義室
対象
幼児、児童の保護者 子どもの読書に関心のある方
定員
150人(入場無料・申し込み不要・先着順)
 

※託児はありません。

※駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関をご利用ください。

※この講演会は報道機関に取材を依頼するので、写真や映像がテレビや新聞に映る場合があります。