【終了しました】絵本をつくったおかあさんのはなし。~二人のおかあさんが、絵本に込めた想い~

掲載日
2018年9月1日

三島市立図書館企画展示「知っていますか?がんのこと」特別講座

演題
『絵本をつくったおかあさんのはなし。~二人のおかあさんが、絵本に込めた想い~』
日時
平成30年9月22日(土) 午後2時~3時30分
会場
三島市民生涯学習センター 3階 講義室
(*駐車場の混雑が予想されますので、なるべく公共の交通機関をご利用ください。)
定員
150人
(*入場無料・申込不要・先着順・お子様連れ可(託児なし))
おはなしするひと
前田 美智子 子宮頸がん経験者・1児の母・東京都在住
一般社団法人キャンサーペアレンツ
えほん プロジェクトリーダー
こどもをもつがん患者同士がつながるピアサポート団体「キャンサーペアレンツ」で、
「えほんプロジェクト」のリーダーを務め、
がんについて悩みを持つ親子のコミュニケーションのきっかけをつくるための
絵本の製作をすすめている。
竹山 美奈子 フリーライター・1児の母・三島市在住
「すずちゃんののうみそ」(岩崎書店)作者
自閉症をもつ娘すずちゃんのことを保育園のお友だちにわかるよう紙芝居にして自費出版。
それが出版社の目に留まり、1月に絵本化された。
編集・宣伝職の経験を生かし、在宅で執筆やデザインをしている。

この講座は報道機関に取材を依頼します。写真や映像がテレビや新聞等に映る場合があります。

企画展示は、図書館展示コーナーにおいて9月1日(土)から10月30日(火)まで実施。

チラシ(PDF)はこちら。

*キャンサーペアレンツより絵本の寄贈をいただきました。詳細はこちら